フリーローン的な、あまりにフリーローン的な

福岡と言えば人口の多い都市、それだけに多くの消費者金融があります。
借りやすい環境が整っているともいえるでしょう。

 

お金が必要だからこそ借り入れを考えているかと思いますがその金額はどのくらいと考えていますか?
例えば2万円が必要なのに5万円10万円を借りてしまえば当然無駄に返済が大きくなるだけです。
どのくらいの金額が必要なのかは申し込みをする前から考えておかなくてはなりません。

 

実は借り入れの金額によって借り入れ先を考えたほうがよいということをご存知でしょうか。
少額キャッシングで短期返済ができるのであれば消費者金融で充分です。
金利を比較するまでもなく無利息が30日間用意されているプロミスがありますし、アコムは30日間無利息のキャンペーン中となります。
この期間をこすのだとしても数回程度の返済回数で済むのであれば金利もそれほどの差が出てくることはありません。

 

しかしこれが金額を大きくしたいのであれば消費者金融は選ぶべきではありません。
金額が大きくなれば返済期間も長く考える必要があるでしょう。
そうすると金利の違いは大きな違いとして返済総額に関わってきます。
銀行は融資限度額によって金利が決まっておりわかりやすくなっているのも特徴です。
借り入れをする前から計画も立てやすくなっていますので大口の借入では間違いなく銀行が安全でしょう。

 

もし本当に少額でよいのであればキャッシングという方法ではなくリサイクルショップや質屋で用が足りることもあるはずです。

 

続きを読む≫ 2014/09/02 10:01:02

約定返済日というくらいですからそれが返済としての約束の日となります。
消費者金融会社を利用するときには比較表や一覧を活用することも多いかもしれませんが、返済が遅れたときの対応は見ることができても、返済が遅れそうなときの対応はなかなかないものです。

 

返済に遅れそうなときの対応を大手消費者金融で確認してみましょう。

 

・アコム
プッシュホンサービス24とインターネットの会員ページから変更することができます。
約定返済日から2日間の延長が可能です。
ちなみに遅延損害金は返済日を変更しても加算されることになります。

 

・プロミス
プロミスコールから変更することができます。
約定返済日から30日以内の変更が可能です。
遅延損害金は返済日変更手続きをしても加算されます。

 

・レイク
インターネットの会員ページで変更することができます。
約定返済日から4日以内の変更が可能です。
遅延損害金は返済日変更手続きをしても加算されます。

 

こうして見てみると変更することは大概はできますが、その変更可能日数にはばらつきがあります。
遅延損害金は必ずかかりますので無用に返済日を伸ばすことはやめておきましょう。
しかし、返済が遅れそうだというとき放置するよりも必ず連絡をすることが大切です。
信用が必要になるキャッシング業界の中で放置は最も悪質な方法となります。
同じ遅れるのだとしても連絡をしているのとしていないのとでは信用に大きく違いが出てくることとなります。

 

続きを読む≫ 2014/09/02 10:01:02

今までは銀行と消費者金融は別物になっていました。
しかし、グレーゾーンの金利撤廃から始まり過払い金の返還に応じる中で次々と消費者金融が経営難に陥ってきたことは想像に難しいことではありません。
取り過ぎていた金利を返還するわけですから当然のことではあるものの、それが経営に大きな圧迫となってきました。
2009年には大手消費者金融であるアイフルと、信販であるライフが事業再生ADRを申請したことは大きなニュースとして取り上げられました。
いわゆる債務整理です。
債務を取り扱っている金融業者が債務整理とはお笑いと思われるかもしれませんがそこまでに経営は苦しい状況となっていたことは言うまでもありません。

 

次々と消費者金融は買収され合併され、銀行という大きな後ろ盾を作るようになりました。
今でも独立した体制で運営を行っているところは数社程度のものです。
そのため消費者金融でありながら銀行の傘下となっているところが多くなってきました。

 

その中でも最たる例はレイク。
消費者金融として有名なレイクではありますが、現在は新生銀行のカードローンとなっています。
銀行のカードローンでありながら元は消費者金融、というわけです。

 

これは新しい銀行系消費者金融という形になりました。
金利は公開されておりますので銀行としてみることができますが、その金利は上限18.0%と消費者金融のもの。
即日融資ができる自動契約機はそのままに消費者金融の名残をのこしています。

 

プロミス 増額 土日
続きを読む≫ 2014/09/02 10:01:02

どうしても今日借り入れをしたいというのであれば明日に持ち越してしまえばピンチを迎える、そんな事態にもなるはずです。
即日に借り入れができるようにするためには消費者金融の申し込みにはいくつか注意しておきたい項目があります。
それを確認しておきましょう。

 

・必要書類を用意する
・契約完了時間を確認する
・キャッシング方法を確認する

 

せっかく申し込みをしても必要書類を忘れてしまっては契約はできません。
本人確認証だけで充分ではありますが、借入希望金額によっては収入証明書類を用意する必要もあります。
さて、さらにせっかく申し込みをしてもの事態ではありますが、契約をしたからと言って何時でもよいというものではありません。
その消費者金融の公式ホームページを確認したりもしくは問い合わせの電話確認をすると「即日融資可能契約完了時間」というものがあります。
これは契約完了時刻によっては当日のキャッシングが可能というものです。
だいたいは平日の14時から14時30分までには契約を完了しておくことが即日融資の条件にはなっていますが、自動契約機の場合には時間が遅くても営業時間内であれば問題ないというのが大半となっています。

 

最後に一番気を付けておきたいのがキャッシング方法。
契約が完了してもキャッシングができないこともあります。
というのも、振込キャッシングに対応しているとしても金融機関の営業時間が関係してくるからです。
確認しながら当日キャッシングを目指しましょう。

 

プロミス 年末年始
続きを読む≫ 2014/09/02 10:01:02

消費者金融の利息は日割り計算である、これは多くの方がご存知でしょう。
どこでも利息の計算方法は変わりありません。

 

借入残高×金利÷365日

 

これが一日分の利息を計算する方法となり、返済期間を掛けることで次回返済までの利息を計算することができます。
例えば10万円の借り入れの場合には、消費者金融の金利は通常18.0%となりますのでこれを30日間利用した場合を計算してみるとこうなります。
10万円×18.0%÷365日×30日
これで一か月の利息は1479円となりました。

 

さてここからが考えるところです。
利息は1479円となっていますが、返済額の中でどのくらいが元金となりどのくらいが利息となるのかを考えていく必要があります。
利息の計算はできても返済額との関係を見てみなければ意味がありません。

 

返済額が3,000円だとすればそのうちの利息は1,479円となりますのでおよそ半分は利息だということになります。
一方、返済額を倍の6,000円とすればそれでもひと月の利息は1,479円となりますので4,521円は元金として返済できたことになります。

 

消費者金融を利用した時には必ず「元金をどれだけ返済できたのか」に着目していなければなりません。
返済したつもりでいてもその大半が利息であることもよくあることです。
返済額を見るのではなく、元金を見ること。
元金を多く返済できれば当然返済期間も短くなります。
今ある返済の形を見直してみましょう。

 

続きを読む≫ 2014/09/02 10:01:02