MVNO テザリング

MENU

MVNOとテザリングで通信費節約する方法

今や現代人の生活に欠かせないIT通信。携帯やスマホ、タブレットにパソコンと、使用しない日はありません。
しかし、考えてみると、これら全ての通信費を考えると、結構な代金になっていますよね。
例えばスマホを1台、タブレットとパソコンも1台ずつ持っているとします。その場合、スマホの使用料、パケット代約6000円、通話料も合わせると計10000円、そして、タブレットやパソコンの通信費が、約4000円。これだけでも毎月、15000円位は支払っている計算になります。

 

便利だし、使わない生活なんて考えられないし、と思うと、高くても仕方がない、と思ってしまっていませんか。
でも。もし、この通信費を安く済ませることができたら、嬉しいと思いませんか。
実は、そんな方法があるのです。
それが、MVNOを利用した格安スマホプランです

 

では早速、毎月の通信費を節約する方法を教えてしまいます。
簡単に説明すると、まず、MVNOのスマホを使用することによって、スマホの使用料を安く済ませます。そして、そのスマホについているテザリング機能を利用して、パソコンやタブレットのインターネット使用料もそれで賄います。これで、月々15000円支払っている通信料が、2000円程度に収まってしまうのです。

 

それではまず、格安スマホプランとは何なのでしょうか。
格安スマホの代名詞ともいえる、MVNOというものを皆さんはご存知でしょうか。
これは、「Mobile Virtual Network Operator」の略語で、日本語に訳すと「仮想移動体サービス事業者」となります。つまり、 携帯電話回線などのインフラとなっている無線通信基盤を他の通信事業者から借りて、独自のサービスを提供する企業のことを指します。これらの企業はインフラを自社で持っていないので、コストも人件費も大幅に削減できるため、格安でのスマホの利用が可能になっているのです。

 

しかし、通常このようなMVNOの通信を利用するためには、その会社のSIMカードとSIMフリー端末(スマホ)が必要になります。

 

SIMカードとは、携帯やスマホに挿入されている小さいカードのことです。このカードには識別情報が記憶されていて、端末に挿すことによって通信機能が利用できるようになります。(ちなみに、カードには3種類あります。)このSIMカードを変えても起動できる端末のことをSIMフリーといいます。(アメリカではUNLOCKED アンロックといいます。)
ちなみに私が利用しているSIMフリー端末は、ドコモのアクオスフォンです。ドコモショップに行けば、SIMロックを解除してくれます。その端末で、アメリカの通信企業のSIMカードを挿入して、アメリカのデータ通信や通話を安く利用しています。(適応できるかどうかは、端末とSIMカードの種類にもよります。)
世界中ではすでに、普通に利用されているSIMフリー端末ですが、日本の携帯事業においては、それぞれの会社でSIMロックを掛けていたため、SIMフリー端末の需要はなく、普及が遅かったのです。

 

しかし、近年、MVNO企業の成長と共に、SIMフリー端末への注目が高まり、日本でも正式に販売されることになったのです。このSIMフリー端末があれば、日本の通信企業のみならず、世界中どこでも、SIMカードを手に入れれば、格安で通信機能を利用することができるのです。ですから、これを持っているだけで、数あるMVNOの企業やプランの中から、自分のライフスタイルに合ったものを選択することが可能となります。

 

ではMVNOの通信プランはどれほど安いのでしょうか。具体的に見てみましょう。
まず、なんといっても人気ナンバー1といえば、UQ mobileです。
こちらの企業に人気があるのはその通信環境の良さです。やはり、正規の携帯事業との契約にあるのは、絶対的な安心感です。いつでもどこでも繋がるという安心は、通信機能の利用の際にはとても重要です。UQ mobileはauのプラチナバンドを借りているので、人口カバー率は99%を誇っています。しかも、「データ高速プラン」は980円と激安なのです。
また、次に人気となっているのは、OCNモバイルONEです。
こちらのMVNOはNTTコミュニケーションズの提供するサービスです。その企業名だけでも、信頼度の高いことはおわかりでしょう。こちらは音声通話付きのプランが充実していることでも人気があります。

 

そして、最後にあげるのは、DMM mobileです。
安さを求めるならこの企業がお勧めです。こちらの企業では「業界最安値に挑戦」という目標を大々的に掲げていて、最安値のプランは月額、なんと660円です。

 

以上のように、非常に格安のMVNOの通信費です。そして、さらにテザリング機能の付いている端末を持っていれば、これ以外に通信料やプロバイダー料などを支払うことなく、自宅や外出先で、いつでもどこでも、タブレットやパソコンなどのデータ通信を利用することができるのです。
ところで、みなさんは、テザリングについてはご存知でしょうか。
テザリングとは、英語でtetheringと書きます。テザリングとは、スマホなどを経由して、パソコンやタブレット端末などをインターネットに接続することです。 テザリング機能はスマホに搭載されているので、特に通信事業会社との契約などは必要なく、手数料なども一切かかりません。スマホが中継することで、たとえば自宅の無線LANルータに接続しているのと同じような感覚で、ノートパソコンなどの機器をどこでもインターネットに接続することができます。
よく、電車の中などでもパソコンでデータ通信を利用している人たちがいますが、こういった人の中には、スマホのテザリング機能を利用している人も少なくないのです。

 

まとめると、このテザリング機能のあるSIMフリー端末を持っていれば、MVNOの格安スマホプランを利用することができ、さらにテザリングでパソコンなどの通信費もこちらで払ってしまえば余分なプロバイダー料や通信料などを支払わなくても済むということです。
1か月10000円以上の節約はかなり大きいですよね。これを利用しない手はないでしょう。すぐにでも利用したくなってしまいますよね。
最後に注意点を一つ。パソコンなどのデータ通信もテザリングで使用する場合には、通信量を読むことが難しくなります。そのため、通信費もMVNOのプランで賄いたい場合には、データ通信無制限のプランをお勧めいたします。ちなみに、一番人気のUQ mobileでは、データ通信無制限プラン1980円、音声通話機能付きでも2980円となっています。こんなに安く、スマホもパソコンもタブレットも利用できるなんて、まさに夢のようですよね。

更新履歴